24時間テレビ愛は地球を救う
スポンサードリンク

24時間テレビ 津軽海峡縦断リレーの結果

24時間テレビ31〜愛は地球を救う〜津軽海峡縦断リレーでは、盲目の高校生、立木早絵さんと6人の著名人が、日本一潮の流れが速いと言われている津軽海峡を泳いで渡るという企画に挑戦しました。

津軽海峡は直線距離で37キロですが、潮の流れなどの影響で、実際は42キロを泳がなければいけないそうです。当日は悪天候の中、津軽海峡縦断リレーがスタートしました。

盲目スイマーの立木早絵さんを始め、7人のメンバーが津軽海峡の荒波に挑みますが、やはり潮の流れがきつく、泳いでも泳いでも、なかなか前に進めません。最後にはコーチとして参加していた、ソウル五輪100メートル背泳ぎの金メダリスト鈴木大地さんも泳ぎましたが・・・。

結果は・・・ゴール目前までに頑張りましたが、潮の流れに阻まれ、日没までのゴールは不可能と判断され津軽海峡縦断リレーはチャレンジ断念となりました。

ゴールできなかったことは本当に残念ですが、挑戦者の安全が第一です。日が沈んで暗くなってから海を泳ぐことは、とても危険ですからね。特に立木早絵さんは芸能人ではないので、危険と分かりきっている挑戦をさせることは出来ませんよね。

個人的には「来年の24時間テレビでリベンジ!」なんて企画されるのかな?なんて思っていますが、もし津軽海峡縦断リレーのリベンジ企画をするのなら、是非ゴールしてもらいたいな、と思います。そのときは立木早絵さんにも再挑戦してもらいたいですね。ご本人も、きっとゴールを望んでいると思いますから・・・。

結果は残念でしたが、参加者の皆さんは本当に良く頑張ったと思います。お疲れ様でした^^

  / スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。