24時間テレビ愛は地球を救う
スポンサードリンク

24時間テレビ チャリティーマラソンの結果

24時間テレビ31〜愛は地球を救う〜チャリティーマラソンでは、お笑い芸人のエド・はるみさんが113キロという女性ランナー最長の距離に挑戦しました。

結果は・・・見事に完走!

24時間テレビ31〜愛は地球を救う〜の放送終了時刻の約20分前、午後8時40分過ぎに、エド・はるみさんは仲間由紀恵さんなどの24時間テレビ31のパーソナリティーたちや、研ナオコさんや西村知美さんなど歴代24時間テレビチャリティーマラソンランナーたちの待つ武道館へ到着。エド・はるみさんはフラフラになりながらも武道館のステージに上がると、後ろを振り返って客席の方を向きながら、エド・はるみさんの持ちネタ「コォー!」のポーズでゴールテープを切りました。

エド・はるみさんはチャリティーマラソンの途中で膝を痛めたとのことで、多分、歩くのもツライ状態だったと思います。それなのに「ゴールはお客様の方を向いて」という姿勢が、本当にエド・はるみさんらしい思いやりに溢れていて、とても感動的でした。

ゴール後、24時間テレビ総合司会徳光和夫さんから「話せますか?」と問われると「もちろんです」と即答。コメントでは何度も「皆さまのおかげです。ありがとうございます」を繰り返し、エド・はるみさんらしい謙虚っぷりでした。

また、24時間テレビチャリティーマラソンから少し話題はそれますが、24時間テレビチャリティーマラソンの初代ランナーでもある間寛平さんが、驚くべき計画を発表しました。

間寛平さんは過去3回、24時間テレビチャリティーマラソンランナーになっています。1995年の24時間テレビのときには、阪神淡路大震災の復興を願って、神戸−東京の600キロを7日間で完走した経験もありますが、今度はなんと「世界一周マラソン」だそうです!

間寛平さんの世界一周マラソンは、大阪から走り出し、千葉からヨットでアメリカへ・・・。その後、アメリカを走り、ヨーロッパへ渡り、アジア大陸を走って日本へ帰ってくるという計画で、12月から2年計画で実行されるのだとか。

24時間テレビの放送枠内で久本雅美さんも「仕事はどうするの?」なんて心配をしていましたが、間寛平さん曰く「仕事はしないのw 走り終わるまで帰って来ない」とのこと。途中経過はインターネット上で公開されるそうです。

エド・はるみさんの24時間テレビチャリティーマラソンもゴールシーンはとても感動的でしたが、間寛平さんの世界一周マラソンも、どうなるのか気になりますね!

  / スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。