24時間テレビ愛は地球を救う
スポンサードリンク

24時間テレビドラマスペシャル「みゅうの足(あんよ)パパにあげる」感想

24時間テレビ31〜愛は地球を救う〜のメインのひとつ、松本潤さんが主演のドラマスペシャル「みゅうの足(あんよ)パパにあげる」の感想です。

まず最初に言いたいのは、やっぱり感動しました。

まだ独身で年齢も若い松本潤さんが父親役を演じるということで、少し不安な部分もあったのですが、それが逆に「若くして父親になった青年」という山口隼人さんの役にピッタリとハマっていたように思いました。ちょっと「やんちゃっぽさ」が残る感じも良かったです^^

山口隼人さん(松本潤)の妻であり、みゅうちゃんの母親、綾さん役の香里奈さんも、難病に苦しむ夫の姿に戸惑い、自分自身も傷つきながら、それでも「好きだから離れられない」という素敵な演技を見せてくれました。

山口隼人さん(松本潤)と綾さん(香里奈)の愛娘、みゅうちゃんを演じた子役の畠山彩奈ちゃんも、とても可愛らしかったです。みゅうちゃんの「パパ大好き!」っていうのが良く伝わってきたし、畠山彩奈ちゃんを見るときの松本潤さんの表情が、とても優しくて良かったです^^

ラストの、山口隼人さん(松本潤)が綾さん(香里奈)に体を支えてもらいながら、みゅうちゃん(畠山彩奈)を「高い高い」してあげるシーンは、本当に、この家族の姿を表しているようで感動しましたね。

一番好きなシーンは、山口隼人さん(松本潤)が、迷子になったみゅうちゃん(畠山彩奈)を必死で探し、ようやく見つけた後に綾さん(香里奈)に「心配させんなよ」と微笑むシーンです。あのときの松本潤さんの表情が最高でした^^

ただ、この「みゅうの足(あんよ)パパにあげる」というドラマのことを知らなかった私の家族は、松本潤さんや香里奈さんが「みゅう!みゅう!!」と名前を呼びながら探し回るシーンからドラマを見始めて「・・・猫?」と言っていましたが^^;

正直、この「みゅうの足(あんよ)パパにあげる」は、スペシャルドラマの枠では、凝縮されすぎていると言うか展開が早すぎたように思うので、連続ドラマで放送しても良かったのかな、と思います。せめて前編・後編に分けて欲しかった。もし、また別バージョンで「みゅうの足(あんよ)パパにあげる」が作られることがあれば、そのときは是非また松本潤さんに主演してもらいたいです。

ちなみに、明日(31日)には、ドラマ「みゅうの足(あんよ)パパにあげる」のモデルになった山口隼人さん一家のドキュメンタリーが放送されるようです。この山口隼人さん一家の現在の様子も気になりますね。
この家族が幸せになってくれることを願って止みません。

見ていて「大好きな人や家族を大切にしよう」と思わせてくれるような、素敵なドラマでした。

  / スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。